副業

収益公開!kindle出版で印税をもらった感想。思ったより売れた

Amazonキンドル出版

アオキ

ライター・作家として活動。中2から小説家を目指していたら、業界未経験で東証一部のライターになっていたのが持ちネタ。

web・SEOライターのアオキです

もともとは小説家を目指していた僕が、kindleで自分の小説やハウツー本を紙にしてみました。

今回はその収益を公開!

Amazonkindleで出版

1冊目をkindle(Amazon)で出版したのが11月の末ごろ。

そのときの記事では電子だけで書くつもりだったが、なんやかんや紙の出版にもなれてきて、今では電子と紙(単行本)の両方で出版してます。

紙の出版もした方が良いのか、結論から言えば紙も出した方がそりゃ売れますよ。

紙書籍もあると売れやすい

正確には「売れる」よりか「売れやすい」ですね

だって読者の気持ちになれば「この本読んでみたいけど、紙はないのか~」って思ったことありません?

時代は電子の流れですが、紙なんて平安時代から残っているんです。

生者必滅と言いつつも、自ら(平家物語自体は)は800年近く語り継がれ令和の今アニメ化までしました(超雑談)。

小説書きあるある

小説の書き方
小説の文末が「た」ばかりになる問題。作家が教える2つの解決方法

続きを見る

kindle出版の売り上げレポート

kindleではレポート機能があるのでどれだけ売れたか、日々確認できます。

しかし過去90日しか振り返れない(今知った)ので、以下は2022年の1月から4月頭までのレポートになります。

こちらは注文数のレポート

Amazonキンドル出版レポート
kindleの注文数(売れた数)

自分の本が電子と紙でどれだけ注文されたかがわかります

そういえばkindleにはキンドルアンリミテッドと言って、無料で読めるプランがありますよね?

実はあれも書いた側にお金が入ります。それが以下の既読KENPというレポート。

既読KENP
既読KENP

kindleの印税額を公開

4千円とちょっとですw

獲得したロイヤリティとして、レポートで公開されます。

kindleの印税額
kindleの印税額

このように世界の通貨で売れる可能性があるのが、kindleの魅力

小説書きへ

小説家に必要な才能
小説家に必要な才能は最低◯◯万文字書く力。キャラの履歴書を作ろう

続きを見る

まあ、日本語で書いているので4千円と、日本でしか僕は売れていません。

しかしよく見るとなぜかイギリス(ポンド)で1冊分(100円ほど?)の利益が生じていますww

ちなみにイギリスで売れたのは『大人の童話 幻獣むかし話』という日本語で書いたオムニバス形式の短編小説。

多分在英の日本人でしょう。とはいえさすがブリテン。妖精の国w 鐘の音が聞こえます

思ったより売れた

正直千円売れたらいいほうだと思ってました。

だって無名の素人ですからね

それにSNSで宣伝とか、何もしていないです。

僕はただ書くことが好きなので、出版するだけww 後はAmazonに任せるw

好きなことしかしてない割りに売れたほうだと思います。

こういうので収益化ってホント難しくて、副業をやってる人なら分かると思う。

たとえばアフィリエイトでも8割が月1万稼げない世界です。

俺すげーと言うつもりはないですが、このAmazonキンドルでも1万円を稼ぐのっておそらく狭き門じゃないかなって。

だから4千円でも全体的に見たら意外と上位かもしれないww

Amazonキンドルで7冊出版しました

7冊で文字数は・・・3万~4万ほどでしょうかね

だから時間や文字の単価、労力などを考えると4千円なんてわりに合わない

けど、大事なのは僕が書くことが好きな人間ということ。

「出版してみたい。自分が書いた本を紙で触れてみたい」そっちの方が僕にとって目的でした。

だから「金を稼ごう!」と、思っているならおすすめしません。割に合わないからねww

ちなみにこちら最新作の短編ラブコメ小説です。試し読みもできるので良ければ!

売れた本はハウツー本

僕は小説とハウツー本をAmazonキンドルで出版しました。

小説は昔から書いてた短編。ハウツー本はサイト運営や副業のノウハウ本。

どちらが売れたかというと・・・ハウツー本

3割小説。7割ハウツー本って感じですね。

こちらもCHECK

AIのべりすと
小説書きに教えたい「AIのべりすと」の有意義な使い方。これはBLの聖杯だ

続きを見る

やはり無名アマチュア小説って、無料でも読まれないですから、買われるのは稀かなと。

その点ハウツー本に関しては実績などを示せば買ってもらいやすい

特に売れたのが『80歳でもわかるメルカリの始め方』

またブロガー向けの『1月後に結果を出したSEOリライト

とまあ、ハウツー本はこのように無名でも数字や画像でアピールできるので売れやすい

その他にどんな小説・ハウツー本を出したのか気になる方は「BCCの作品・商品」ページでご確認ください。

収益公開!kindle出版で印税をもらった感想

kindleで出版して売れた本の収益が実際に口座に振り込まれたときは、ちょっと感動しましたw

Amazonキンドルからの印税
Amazonキンドルからの印税

小説家を目指した高校生のとき、冗談半分で「印税で生活するわww」って友達に言ってましたけど、少し夢が叶った気分

もちろんこれだけで生きてはいけませんけど、僕のように書くことが好きな人、小説を書いている人、出版してみたい人は1度やったら良いと思います。

あ、そうか。『はじめてのキンドル出版~無名ながら4千円稼いだ元初心者が解説』って本でも書こうかなwww

・・・まあ、すでにキンドル内に他の人のがあるんですけどねw

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-副業
-