エッセイ 雑記

人生の幸せとは?金でも愛でもない。死に方で決まる

人生の幸せとは

アオキ

ライター・作家として活動。中2から小説家を目指していたら、業界未経験で東証一部のライターになっていたのが持ちネタ。

幸せとはなにか

暇人な君たちはよく考えるだろう。ああ、僕もそうだとも。

こちらもCHECK

トロッコ問題の正解
わかる?トロッコ問題の正解。僕が5人を犠牲にするワケ。いつから学ぶ

続きを見る

人生の幸せとは

なぜ人は生きるのか。

なんのために生きるのか。

生きる意味。生きる幸せとはなんだ

──とまでは考えないまでも、人生の幸せってなんなんだろう

僕はこれまでこのナンセンスな問いに対して、『お金が人生の幸せである』と回答してきた。

人生の幸せはお金だと思っていた

資本主義社会で幸せとはお金だろう。お金があれば幸せだ。

だが、最近の世界を見ていて確信したことがある。

どんなにお金を持っていても、人生最後の瞬間が爆死では不幸ということ。

サボりは裏切らない話

サボりは裏切らない
報われないあなたにも送りたい恩師の言葉「努力は裏切る。けど〇〇〇は裏切らない」

続きを見る

確かにお金持ちはそれまでの人生で、一般市民より幸せさ

でも老衰で眠るように亡くなった一般人と、苦しみながら、痛みを感じながら死んでいく金持ちを比較してほしい。

やはり最後の瞬間苦しむ人生は不幸じゃないかと思ったんだ。

人生の幸せは死に方で決まる

どんなに愛されて育った子でも、銃を持った相手に脅されて、目の前で家族を殺されて、自らの指を切り落とされ、最後にはフードをかぶり冷たい鉄を後頭部に感じて死の瞬間を待つのは、あまりにも不幸だ。

不幸以上の地獄

人が人である限りそんな死に方幸せとは言えないだろう。

死に方も色々ある

人生にはいろんな死に方がある

殺人だけでもその種類は書ききれない。

事故死、病死・・・自殺もある。捕食されることもありえるな。

もし自分の死に方を選べるならみんな、安楽死のように安らかに逝きたいはずだよね。

独りで生きるのは難しい

生きるために働くなら死にたい
え、生きるために働くなら死にたいんですが?自分1人のために働くの嫌

続きを見る

安らかな死に方こそ人生の幸せ

どう考えても拷問されて死ぬよりはそれがいい

というか限りなくやすらかに死ねること以外に希望があるかな。ないよね。

安らかな死を人は求める。安らかな死こそ、人生の幸せだ。

人生の幸せは最期に決まるはず

物語とおんなじさ。終わり良ければ総て良し。

もちろん貧しく、愛を知らずに育った人間は不幸に近いよ。でも、バッドエンドと決めるにはまだ早いということ。

かといって長く生きたところで、ハッピーエンドが約束されているわけでもない

もっと言えば、貧しい人間には人生を変える力がない

お金持ちなら治せる病も、貧乏人には治せない可能性があるからね。

働いても貧しい真面目な人

働いたら負け
働いたら負けが笑えなくなってきたから、自分でお金を稼ぐ思考が必要

続きを見る

そう考えるとやはり人生を変えられる力を持つ金持ちが、限りなく幸せに近いな。それでもそいつが最後、資産を狙われて殺されればやはり不幸だ。

人生の幸せとは何か。結局最後まで分からないままだったけど、とりあえず今日からは『死に方』と答えたら? 

きっと相手はさっきまでの君のように「?」を浮かべるね

でも問題ない。そんなつまらない質問をする相手に関わることは、君の人生になんの影響も与えないから。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-エッセイ, 雑記
-