レビュー 雑記

タイピング検定2級に合格。合格のコツは速さよりも正確なタイピング

タイピング検定合格

アオキ

ライター・作家として活動。中2から小説家を目指していたら、業界未経験で東証一部のライターになっていたのが持ちネタ。

以前紹介したイータイピングマスターのタイピング検定

詳細はこちら

タイピング検定やってみた
楽に取れる資格『タイピング検定』を取ってIT系転職の武器にしよう

続きを見る

実際に2級に合格したので、これからタイピング検定の受験を考えている人向けに書いていきます。

タイピング検定2級に合格

ポストを見たら郵便が入っていまして、早速開封。

無事タイピング検定2級に合格しました

タイピング検定2級
タイピング検定2級

額をダイソーで買って、良い感じですw

とはいえ2級はwebライターとして毎日パソコンで仕事をしている人なら、受かって当然という難易度。

事実、試験結果を見てもやや余裕がありました。

タイピング検定2級の採点結果

イータイピングマスターのタイピング検定は、以下のような採点までしてくれます。

タイピング検定2級の採点
タイピング検定2級の採点

WPNは一分あたりの入力文字数。EPNは一分あたりのミス入力数

苦手キーなんかも教えてくれますね

個人的に短文のタイピングで焦ってしまい、落ちたかな~と、覚悟していましたがなんとかクリア。

ちなみに長文は360点で1級合格なので、正確さを上げれば受かりそうです。

いや~。受験料5,000円払って良かったです

こちらもCHECK

サボりは裏切らない
報われないあなたにも送りたい恩師の言葉「努力は裏切る。けど〇〇〇は裏切らない」

続きを見る

合格のコツは速さよりも正確なタイピング

「タイピングは速ければ良い」と思ってしまいがちですが、そうじゃない。

なぜならその『速さ』を出すためには『正確さ』が求められるからです。

間違えないタイピング、ミスタイピングをしないことこそ速さにつながる。

付属のアドバイス的なプリントに「ノーミスを目指そう」的なことが書いてありました

イータイピングマスターからのアドバイス
イータイピングマスターからのアドバイス

というわけで合格報告でした

これで僕は履歴書の資格欄が空白にならくなったw

家にいて好きなときに取れるタイピングマスターの資格ですが、結構ちゃんとしていることも受験してわかりました。

僕のように無資格の人IT系への一歩を踏み出したい人は、タイピング検定で2級を目指してはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-レビュー, 雑記
-